2011年07月23日

ミセスワタナベ

2007年頃から、為替相場の方向性が、昼をはさんで午後になると、

相場を反転させる大きな要因はないにもかかわらず反対方向(主に

ドル買い)へ振れる現象がしばしば見られた。こうした状況が頻繁

に起こったため、原因を探っていくと、主に日本の主婦やサラリー

マンなどの個人のFX投資家が、昼休みを利用して一斉に円売り・ド

ル買いの注文を出していたことが判明。

相場を左右させるほどの日本の個人投資家の資金力を世界に見せつけ、
海外にて「ミセスワタナベ」という呼び名が生まれた。

「ワタナベ」は海外でよく知られた日本人を代表する姓である。現在

では、マーケットを動かす大きな力として認識され、大口のプロディ

ーラーでさえ、その動向があなどれない存在になっている。

相場の取引が薄くなり少ない注文でドルが下落する(円高になる)時間帯

を狙い、ストップロスを狙う動きをミセスワタナベ狩りという。

2011年3月17日に一時1ドル76円台に高騰した円高ドル安は投機筋にミセ

スワタナベ狩りと言われた。

エーケービー48
posted by なつき at 14:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

FXとは

FXは「Foreign Exchange」の略です。
日本語に直すと「外国為替証拠金取引」です。
そもそも「為替」とは本来は「何かを交換すること」という意味です。
遠方に住む人同士が、商品を売買するのに「現金」を持ち歩いて取引をしていると、盗難や紛失などのリスクがつきまといます。
為替という制度は、現金を持ち歩かなくていい方法として考案されました。
外国為替とは「外国のお金と、日本の通貨=円を交換する」ことを差します。
また「証拠金取引」とは、FX専用口座に預け入れた「証拠金」を元手に取引をする、という意味です。
預け入れた証拠金に倍率(レバレッジ)をかけることで、証拠金の数倍~数百倍もの金額の取引ができるようになります。
たとえば「証拠金10,000 円×レバレッジ100 倍=1,000,000 円」となり、1 万円の証拠金で100 万円分の取引を行うことができるのです。
ただし、高すぎるレバレッジはリスクが高く、ベテラン投資家でも高すぎるレバレッジはかけないという人もいます。
なぜならば、利益が出た場合に大きい金額が得られるということは、損失が出た場合にも、あっという間に大きな金額になるということだからです。
初心者は2,3倍まで、ベテランになっても5倍までのレバレッジに抑えるという心がけが大事です。
posted by なつき at 19:36| Comment(0) | 入門編 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。